仲良し夫婦de蝶ブログ

flora1tyou.exblog.jp
Top
ジョウロウホトトギスの自生地を訪ねて その2 Byヒナ
2014年 10月 16日 |
前回の続きです。
ジョウロウホトトギスが自生しているかもしれない場所へ戻りつつ、
路傍に咲いている山野草を見つけては立ち止まり撮りました。

シモバシラ
立派な株でした。
e0188939_21151260.jpg

林道から少し山に入ったところで撮影されているK夫妻に声を掛けました。
何かありますかと尋ねるとギンリョウソウモドキが咲いているとのこと。
ギンリョウソウは春の花ですが、モドキは秋に咲くんですね~
e0188939_21182663.jpg


すぐ近くにアケボノシュスランも咲いていました。
小さくて可愛い花です。
e0188939_21211418.jpg

クサヤツデ
これは変わった形をしています。
e0188939_21223076.jpg

最後に大物に出会いました。
コオロギランです!
シーズンを過ぎていたのでノーマークだったのですが、1輪だけ咲いているのを兵庫県から
来られていたK田さんが教えてくれました。
これも牧野博士が発見した見たかった花です。
花の大きさは5mm位でとても小さいです。
e0188939_21383424.jpg

K夫妻にもジョウロウホトトギスの咲いている場所を尋ねてみると、
昨日撮ったよと写真を見せてくれました。
おぉ!見れると思いましたが喜ぶのはまだ早く、この山ではないとのこと。
場所を聞きましたが行って見つけられるか微妙です。
結局ジョウロウホトトギスはこの山では人の手の届くところは盗掘に遭い、
ほとんど見ることが出来ないことが分かりました。

自生地では盗掘で絶滅するかもしれない危機に瀕しているのにネットではいくつも販売されていて、
なんとも矛盾を感じてしまいます。

K田さんと私はジョウロウホトトギスに未練があったのですが、しばらく話をしていたら
K夫妻が自生地を案内してあげようと言ってくださいました。
ついにジョウロウホトトギスを見れるのか、次回に続きます~
[PR]
by Flora1tyoutyo | 2014-10-16 21:49 | 花・植物 | Trackback | Comments(4) |
トラックバックURL : http://flora1tyou.exblog.jp/tb/22479345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 古庵 at 2014-10-17 18:55 x
こんばんは (^▽^)♪

ジョウロウホトトギス求めて、ゆかりの地に行かれたのですね。
途中色々な方や花との出会いが楽しそうですね。

実は去る4日にコスモスを見に行って、別の方に足を伸ばしたら、路傍にジョウロウホトトギスが数か所20株ほどあって、先端部に最初の花を咲かせていました。
花の名前も助手席からのアドバイスで知りました。
近くでアジサイの手入れをしていた方に声を掛けると、「儂が山から採って来て植えたがじゃ。なんぼでもある」と言っていました。
その方は花の名前を「ヤマブキじゃ、儂が勝手に名前を付けちゅう」と笑っていました。が.....ハハハハ
家で調べたら地域限定の希少種だとか。数枚しか写していないので、もっと撮っておけば良かったと、後悔しています。

それだけに - その3 - を期待しています。
Commented by カタチン at 2014-10-17 21:48 x
シモバシラのお花は虫たちに人気がありますよね~…要チェックポイントですよね(^^)

コウロギランは寄生?腐生?不思議な雰囲気の植物ですね~(^^)
Commented by Flora1tyoutyo at 2014-10-18 21:30
古庵さん、こんばんは~
ジョウロウホトトギスのエピソードなんか凄いですね(^_^;)
その路傍が生育条件に合致した場所なら良いのですが、
本来は石灰岩の崖でしか育たない種なのでどうでしょうか。
Commented by Flora1tyoutyo at 2014-10-18 21:36
カタチンさん、こんばんは~
シモバシラって昆虫に人気なんですね。知りませんでした(^_^;)
私のテリトリーではあまり見かけないのですが注意してみるようにします(^.^)
コウロギランは腐生植物に含まれるようですね。
杉林に棲む菌根菌から栄養を得ているようです~
来年はもっとちゃんとした写真撮ってきますね(^_^;)