仲良し夫婦de蝶ブログ

flora1tyou.exblog.jp
Top
カテゴリ:クワガタ( 12 )
|
|
2014年 09月 03日 |
四万十遠征シリーズの最終回です。
最後を飾るのはミヤマクワガタとカブトムシです。

オニヤンマが産卵をしに訪れる谷の入り口、前回記事のモノサシトンボを撮影した近くに
ミヤマクワガタが居ました。
ミヤマのオスは既に別の場所で撮ってたので「ああ居るな」位に思ったのですが、
よく見るとカップルでいるのでそれなら話は別というものです。
贅沢なこと言ってますね(^_^;)

クワガタのメスは同定が難しくてオスが一緒に居ないとなんだかさっぱり分かりません。
という訳で、嬉しいミヤマメスの初撮りです。
e0188939_2202999.jpg
e0188939_2204275.jpg


もちろんオスも
e0188939_2211082.jpg
e0188939_2212057.jpg


別の場所にはカブトムシがわんさか居ました(@_@)
e0188939_2223527.jpg
e0188939_2224591.jpg

今年はノコギリクワガタに出会えませんでした。
顎の立派なノコギリに出会えるのはいつになるやら・・・
[PR]
2014年 07月 31日 |
何個か前の記事でクワガタ見に行きますって書いたその報告記事です。

お目当てはヒラタクワガタだったんですが、残念ながら空振りでした。
朝早くに行ったのにクワガタの姿は何もなく、がっかりしましたが、
9時くらいに再び樹液を出しているクヌギを見に行くとミヤマが来ていました!(^^)!
いつもはコクワガタやスジクワガタしか目にしないのでやっぱり大型種は憧れます。
e0188939_21110740.jpg
しばらく撮っていると、左の洞からスジクワガタが出てきて・・・

e0188939_21121453.jpg
ミヤマの方に歩いていきます。
樹液を舐めに来たのかな。
e0188939_21132258.jpg
すると、近寄ってきたスジクワガタをミヤマが顎で持ち上げ下に放り投げてしまいました。
この決定的瞬間を取れなかったのがとても悔やまれます。
けっこう俊敏な動きであっという間の出来事でした。
次の写真は放り投げた後、まだ興奮状態で顎を開いたままのミヤマです。
e0188939_21165525.jpg
落ち着きを取り戻して舐め始めました。
顎がじゃまで窮屈そうです(^_^;)
e0188939_21183398.jpg
落とされたスジクワガタは・・・
無事のようでした。
e0188939_21192315.jpg

[PR]
2013年 07月 27日 |
昨日の記事のノコギリですが、意外に活発でクヌギの幹を縦横無尽に歩き回っていました。
飛んできたオオムラサキを追い払ってみたり・・・
e0188939_17285811.jpg
e0188939_1729682.jpg


一旦洞に戻りましたが縄張りに侵入者が現れると・・・

コクワガタを威嚇したり・・・
e0188939_17332274.jpg
e0188939_17332954.jpg

ここでは我が物顔でした。
コクワと比べると体の赤さが目立ちます。

オマケ
洞から一度も出て来なかったヒラタクワガタ
全身を見たかったです(>_<)
e0188939_18121861.jpg

[PR]
2013年 07月 26日 |
オオムラサキを撮っていると洞の中からノコギリクワガタが出てきました。
これは嬉しい悩みです。
とりあえず、オオムラサキはまだ撮れると踏んで、すぐ洞に隠れてしまうノコギリを優先して撮ることにしました。
贅沢かもしれませんが去年に引き続き小型個体だったのが残念です。去年の記事はコチラ
去年の個体よりほんの少しだけ顎が長いかな。
大型個体の大きく屈曲した長い大顎をいつか見てみたいです。
e0188939_21541022.jpg
e0188939_21541817.jpg
e0188939_21542582.jpg
e0188939_21543655.jpg
e0188939_21544396.jpg

続きは次の記事で・・・
[PR]
2013年 06月 13日 |
先週末はもうそろそろクワガタが見られるのではとクヌギ林に行きました。
昨年はここでシコクトゲオトンボも見たので淡い期待を抱いていましたが、残念ながらこちらは見れず。
クヌギ林はまだどの木も樹液を出しておらず、こちらも空振りでしたが・・・
林から離れた場所のクヌギでやっとコクワガタを見つけました。
e0188939_1949266.jpg
e0188939_19493456.jpg

2頭居たので両方が入るように魚眼で撮ってみましたが、光が回らず残念な感じです。
e0188939_19494150.jpg

逆光側はちょっと面白い感じになりました(^.^)
e0188939_19494890.jpg

[PR]
2012年 08月 26日 |
山の原っぱを歩いてるとそこをノコギリクワガタも歩いていました。
野生種を見つけるのは初めてです。
ちょっとアンビリーバボーな気分でしたが、これで今年のクワガタコレクションの締めをしろと言う
神のお告げと思って(嘘)写真を撮らせてもらいました。
e0188939_16162270.jpg

ノコギリクワガタと言えば大きく曲がりながら下に向かうスライダーの軌跡のような顎が魅力ですが、
居たのは小歯型で随分趣が違いました。
e0188939_16204373.jpg

手に乗っけてたらドンドン腕を登って背中に回ってしまいました。
そしてリュックのショルダーの下の潜り込みました。この2枚はミーの撮影です。
e0188939_16233915.jpg

とりあえず最寄りの木に登ってもらい記念撮影の終わりです。
e0188939_16245571.jpg
e0188939_162528.jpg


来週からしばらく仕事が激しく忙しくなるので更新が減ると思いますが、
たまに見に来ていただければ幸いですm(__)m
[PR]
2012年 08月 23日 |
暗い樹林でヒラタクワガタを見つけました。
おっ居る!と思ってカメラを向けるとすぐ洞に引っ込んでしまう臆病な子でした。
驚かさないようにその場で待っていると洞から出て来てくれたので、何枚か撮らせてもらいました。
初撮りです。
e0188939_21561816.jpg
e0188939_21563180.jpg
e0188939_21564555.jpg

写りはいまいちですが、初撮りの良い記念です。
[PR]
2012年 07月 13日 |
九州では猛烈な雨で大きな被害が出ています。
梅雨終期は大雨が多いとはいえ、尋常じゃない降りかたです。
前もって心の準備が出来ない分、台風より怖く感じました。

本題に戻って、とりあえずクワガタコレクションの最終回です。
また別のクワガタを撮る事が出来れば番外編を書こうと思います。
そんなに都合良くいかないと思いますが(笑)

今日は私にとって1番なじみの深いコクワガタです。
小さくても顎や全体のラインの均整がとれていてカッコいいと思います。
e0188939_23101610.jpg
e0188939_23102688.jpg

残念ながらこの2枚しか撮れませんでした。
今度は魚眼でも撮ってみたいです。

おまけ
e0188939_2313485.jpg

早く梅雨が上がってほしいです。
[PR]
2012年 07月 08日 |
第4段目でやっと派手な子の登場です(汗)
黄金の輝きのミヤマクワガタです。
木のかなり上の方に居たので残念ながらマクロで撮ることができませんでしたが、
望遠でまずまず撮れました。
飼育個体は何度も見ていますが、自然下では初めてだったのでテンションがうなぎ上りでした。
雨上がりだったので木がてかてかに写ったのが残念ですが、初ゲットなのでぜいたくは言えませんね。
さすがにこの子が来るとスズメバチも体格差を感じてか近寄ってこなかったです。
e0188939_23282941.jpg
e0188939_2328416.jpg
e0188939_23285184.jpg
e0188939_2329278.jpg
e0188939_23291130.jpg

やっぱ、ミヤマンはかっこいいです。また出会いたいです。
[PR]
2012年 07月 07日 |
前回の記事に続いてスジクワガタです。
今回の子は小型で名前の通り上翅に縦筋が見えます。
e0188939_22135681.jpg
e0188939_22141146.jpg
e0188939_22142152.jpg
e0188939_22143023.jpg

クワガタコレクションというタイトルなので後2回程続く予定です。
[PR]