仲良し夫婦de蝶ブログ

flora1tyou.exblog.jp
Top
<   2012年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧
|
|
2012年 01月 30日 |
昨年の猛暑は我が家の水槽に大きなダメージを与え、
持ちこたえていた個体が秋に入ってから次々に☆になりました。
しばらく寂しい状態で維持してきましたが、久しぶりにメンバーを追加しました。
大幅にチェンジしたのはコリドラス水槽。
ジャングルになった水草を整理して、3種のコリドラスに来てもらいました。
水槽全景
e0188939_2114771.jpg

冬は個体が☆になるリスクが少ないし、外に出掛ける用事も減るので、
水槽イジリには良い季節です(^.^)

新メンバーの紹介
CO.デュプリカレウス
e0188939_2153693.jpg

美しさはコリドラスのなかでもトップクラスだと思います。

CO.ロクソゾヌス
e0188939_2171461.jpg

一度飼育して見たかった種です。背びれがシュッとしてかっこいい~

CO.トリリネアトス
e0188939_219431.jpg

こちらは可愛い系代表ですね。

みんなで食事
e0188939_21111030.jpg

左端はこの水槽の重鎮CO.ゴッセイです。

コリドラスを見てると和みます(^.^)
[PR]
2012年 01月 28日 |
今週は体調不良で、仕事が終わったら急いで帰り、
ご飯を食べてすぐ寝る生活でした。
記事を投稿する体力もなしで。
病院で先生に倦怠感と関節痛を訴えると「熱が無いなら大丈夫じゃない」とのこと。
過労ってやつでしょうか。とりあえず週末もおとなしくすることにします。

さて、今日もイナズマで、カギバヒメイナズマの♂です。
私が蝶を撮り始めてまだ最初の頃「世界の蝶図鑑500種」を買い、まだ見ぬ
様々な蝶を見て驚いたものでした。
この図鑑でイナズマ属があり、その名を持つ蝶が居ることを知りました。
e0188939_1445097.jpg
e0188939_145135.jpg

カギバヒメイナズマの♂は翅の下側縁に帯があり私の中でのイナズマ蝶の印象に
とても近く、先日のレクタよりイナズマを撮ってる!という実感が強かったです。
前翅の模様はもっとはっきりして綺麗なのですがコントラストの強い状況で
上手く撮れませんでした。
[PR]
2012年 01月 23日 |
この子、カッコよくないですか?(♀だったりして・・・)
頭はソフトモヒカンなのです。
日曜劇場、山崎豊子さんの「運命の人」に出てくるもっくんに少し似てるかも~。

e0188939_20291942.jpg


この男前のおサルさんの名前は

e0188939_20304061.jpg


ジャジャン!!  オナガザルさん

この子は車から降りた私の近くまでゆっくり近寄って来てくれました。この子の後ろからも

同じ群れのオナガザルさんが来ました。

反対側からは大き目のノラ犬が何頭かやって来たので

「これは非常にマズイ感じかも・・・もしかして争いが始まっちゃうのでは!」

巻き込まれるかも~っと少しビビってましたが・・・・どちらともなく、何となく混ざって普通に歩いてるのが

不思議でした。写真を撮れば良かったナ(^.^)
[PR]
2012年 01月 23日 |
今日の子はツマジロアカイチモンジさん(タテハの仲間)

V字ラインの白が目立ってます。もうちょい綺麗な葉っぱにとまってる所を撮りたかったナー。

e0188939_2010992.jpg


今度は地面の上です。残念

e0188939_20104277.jpg


この子も裏翅が撮れてなくて残念でした。

ツマジロアカイチモンジのジロは白?でアカは赤で?イチモンジは一文字?っと考えつつ

じゃーツマって何?って・・・。っとググってみたらV字の斜め上の方の翅端の白い所が

「つま」だそう。

スッキリ ガッテン ボタンです
e0188939_2026278.gif

[PR]
by Flora1tyoutyo | 2012-01-23 20:54 | | Trackback |
2012年 01月 21日 |
イナズマチョウ、なんだか強そうな名前です。
大きくてどっしりしているイメージを持っていましたが、
気配に敏感でシャッターチャンスを逃した最も多い種だと思います。
飛ぶと戻ってこないので、何度もさよなら~と言いました。
イナズマチョウは何種か撮れましたが、どれも2~3枚のみです。

今日の種はイチモンジチョウのような模様が独特なレクタリクイナズマです。
大型のタテハチョウの仲間は、このように地面で翅を開いている姿が様になりますね。
e0188939_23371389.jpg
e0188939_23372829.jpg
 
日差しとモデルが頻繁に変わったので、露出補正がまるでできてませんが
そんなことより撮れたことに感謝ですね(^.^)
[PR]
2012年 01月 19日 |
シロチョウの中でも豊かな色彩の蝶が多いカザリシロチョウ属。
今回の探蝶旅行で1種出会う事が出来ました。
ヒューイットソンキララシジミを懸命に撮っているとき、一瞬だけ姿を見せてくれました。
e0188939_2294745.jpg
e0188939_2295879.jpg

この2枚だけですが、後翅基部の赤い斑が目を惹く綺麗な蝶でした。
枚数は少なくても未見の蝶を撮れた時はいつでも嬉しいものです(^.^)
[PR]
2012年 01月 17日 |
今日の子はベニモンアゲハさん。

率直な第一印象は「うわっ、キレイだけれど毒々しい」でした。

e0188939_19304292.jpg


でも調べてみたら、それがこの子の狙い通りでした。
毒をもってる事を教えてるんですね。
「赤だからね!ナメてるんじゃないわよ。毒あんのよ!」って感じでしょうか。
「どこ見てんのよー!」(これは言ってないか・・・。)
ベニモンアゲハの思う壺の私の感想でした。

e0188939_19383612.jpg


ゆっくり撮りたかったんですが、来たと思ったら「さよなら~」
いつもアゲハの吸蜜はせっかちなイメージが・・・。
のんびり吸蜜ブレイクしてくれるといいのにemoticon-0155-flower.gif

e0188939_19421613.jpg

[PR]
2012年 01月 16日 |
タイでは多くの蝶を撮る事が出来ましたが、少しだけトンボも撮る事が出来ました。
その中で1番おっ!と思ったのがこのトンボです。
e0188939_2195114.jpg

正面から見ると全身エメラルドグリーンです。
横からはこんな感じ。
e0188939_21111488.jpg

翅の上だけエメラルドで翅全体は黒でした。
ピントが甘くて残念。

もう一種は少し翅が透けて、体の後半が茶色っぽいです。
e0188939_21131359.jpg

e0188939_2115713.jpg


と思ったら、初めの写真が♂で後が♀でした(^_^;)
e0188939_2117171.jpg

交尾してるから間違いないですよね。

日本に居るアオハダトンボに似てますが、別種のようです。
どなたかこのトンボをご存じの方がいらしたらご教授くださいませ m(__)m
[PR]
2012年 01月 15日 |
今日のこの子はワンポイントお洒落がきまってますΣd(ゝ∀・)イイッ!
気が付いてもらいたくて思いっきりトリミングしてみました。

e0188939_21212612.jpg


↑後翅の所にチラリと光るブルーがにくいですね~。(この子は尾っぽが切れちゃってるみたいですが・・)

e0188939_21241464.jpg


何故?ナツメなんだろう?っとググってみると植樹でした。
そして別名 ドウケシジミって楽しい感じです。確かにピエロの真っ白い顔にアーチの黒眉と
ちょっと近いかも(^.^)

ちょっと突飛な話ですが、私はゴイシシジミに会いたくって時間や居そうな場所を調べて歩いて
見たんですが未だに会えてません。
でもこのナツメシジミに会えてなんだか少し気が済んだ感じなんです。
雰囲気が似てるからかな?
[PR]
2012年 01月 13日 |
このシリーズの最終回です。
前回の記事のベニシロチョウを撮って大満足で川から上がり、
別の蝶を撮っているとタイ・ネイチャリングのピーミィさんからお呼びが・・・

ベニシロチョウの居た場所にアゲハらしき蝶が給水に来ていました。
今回見ることは無いだろうと思っていた、ミカドアゲハの仲間のキロンタイマイです!
急いでまた川の中に戻り、撮る事が出来ました(^.^)

アオスジアゲハ属は給水や吸蜜中に小刻みに翅を震わせますが、
キロンタイマイの震わせ方はとても高速で、遠目でも未見の蝶だということが分かる位でした。
e0188939_22522048.jpg

手前はタイワンスジグロシロチョウ、奥はロクスシロサカハチシジミかな。
e0188939_22542268.jpg

手前がクモガタシロチョウに変わりました。
e0188939_2256837.jpg
e0188939_22561855.jpg

アオスジアゲハもやってきました。
大きさや色の違いが分かりやすいです。
裏翅はオレンジ斑が美しいですが、
e0188939_22582749.jpg

表の青がまたキレイな蝶です(^.^)
[PR]