仲良し夫婦de蝶ブログ

flora1tyou.exblog.jp
Top
<   2012年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
|
|
2012年 02月 29日 |
この日はミヤマホオジロさん撮影しました。
とっても歌声がキレイな子♪

ですが私の位置からだとゴツゴツと尖った砂利石の斜面を登らなくてはいけません。
一歩踏み出すとじゃりって音がして鳥さんは驚いて逃げちゃいます(>_<)
その場で靴を脱ぎジャリの斜面を中腰でゆっくり登ります。
メッチャ足の裏が痛いんですけど~。

「何か気配がするな~」って感じ。
e0188939_21355911.jpg

「何処だろう?」
e0188939_21361698.jpg

「そこかな?」
e0188939_21362951.jpg


こんな感じで動けなくなりました(うー、足うらジンジンします)
足裏の強烈ツボ押しに耐えつつ中腰で撮り、ゆっくりと後退して帰りました。

この前の週も木々の奥でいたようですが、プラプラと歩いてきたネコちゃんが
木々に足を踏み入れた途端おどろいて出て来ました。
この日も足音をさせたくなくって、靴を脱いだら前日の雨でスポンジが水を含んだような芝生に
ゲンナリしました。

そうまでした撮った写真が

こ・れ・だ 1・2・3   靴脱ぐほどのビックチャンスでも無かったナ~。
e0188939_21552935.jpg

[PR]
2012年 02月 26日 |
なんだか色々と忙しなく、ブログを上げる体力が日曜しかない今日この頃。
しばらくは週一更新になるかも。

でも、写真はしっかり撮りに行ってますよ~
春の息吹が聞こえて来てますから今の時期は大切ですね。

最近嬉しかったことはセツブンソウを初めて見れたことです。
花びらのように見える萼が繊細で儚げなところが好みです♪
e0188939_21462077.jpg
e0188939_21463488.jpg
e0188939_21464497.jpg

ちなみに花びらは黄色い部分です。
萼が花びらのように見えるのはキンポウゲ科に多い特徴ですが、とても紛らわしいです(笑)

もう一つの妖精はシコクフクジュソウ
e0188939_21505833.jpg
e0188939_2151855.jpg

こちらは太陽の子のようで力強いです(^.^)
[PR]
2012年 02月 25日 |
タイでの写真の在庫からヒナの靴に何度も止まる子が・・・。メスシロキチョウさん(多分)
するとピーミィさんカオヤイさんが「この蝶は黄色が好き」っという事を教えてくれました。
なんだかフレンドリーな感じに見えます。私も黄色を身につけとけば良かったナ。

e0188939_2150574.jpg
e0188939_215159.jpg


オッ、ここでもフレンドリーぶりを発揮している子が・・・。
アオスジさんとスジグロマダラシロチョウさん
e0188939_21512326.jpg


私の集団吸水はイマイチ綺麗な画像がなくて数撃ちゃ当り作戦は敗れちゃいました(^_^;)

e0188939_2153545.jpg

[PR]
2012年 02月 25日 |
PCのモロモロを整理していたら数年前まで我が家の一員だったモモンガの
動画が出てきました。

この頃はなんでも写メでとっていてデジカメすらまともに使えてません(^_^;)ボケボケなのです。
でも、でも。在りし日の愛らしい姿を見てください~。




しゃりしゃり・・・しゃりしゃり・・・・と無言でリンゴを爆食中。
リンゴの取りっこをしてる子がソラちゃん。その隣がリクちゃん。

以外とモモンガの食事に対する姿勢は凄いんです。
野生下ではこうはいかないと思うんですが私が剥いている種もひったくり、勝手に体によじ登り
肩や太ももヒザなどにのってモグモグすることもあります。
そんな動画ばかりがいくつもあるので他にもアップしていこうかな~っと思ってます053.gif
[PR]
2012年 02月 18日 |
探蝶旅行2日目に今回の旅で一番大きな集団吸水に出会いました。
集団吸水を見るのも今回の旅の楽しみの一つでしたので、
この集団の撮影はとても楽しかったです(^.^)
太陽が雲に隠れると居なくなり、また日が照ると集まって来る蝶の習性が
面白いです。
e0188939_23105234.jpg
e0188939_2311352.jpg

蝶は日光が大好きなんですね。

驚かせると一斉に飛び立ちます。
e0188939_2312868.jpg

まさに乱舞です。

しばらくすると戻ってきます。
e0188939_2315182.jpg


そしてまた、驚かせます。
e0188939_23155733.jpg
e0188939_23161148.jpg

1頭との一期一会のシャッターチャンスを狙うのは痺れますが、
集団のがやがやしてる所を撮るのはリラックスできて、とても楽しかったです。
[PR]
2012年 02月 14日 |
ご機嫌なメジロの歌が聞こえてきました。
「チュリチュリチュリチュリ♪チュリチュリチュリチュリ♪」
e0188939_2232874.jpg

「ちょっと花が開いてないけれど蜜あるかな?」
e0188939_2234553.jpg

ジーーーーッ・・・・。
e0188939_2235411.jpg

「あっ!あるある」
e0188939_2241388.jpg

「誰かに狙われてないよね」何度もキョロキョロ
e0188939_2271656.jpg

「エイッ」くるりんっとバック転で隠れてゆきました。
花びらがあまり型崩れしてないってくらい体が軽いんですね~(^.^)
e0188939_2273222.jpg


目白って可愛いけれど、白目って怖いよね。

この日は梅の蕾がプックラと膨らんでて今週末には沢山咲いてると思います。
ツマグロヒョウモンの幼虫も歩いていました。
馬酔木の花も咲き始め少しだけ春っぽい感じを味わって気分も↑です053.gif
[PR]
2012年 02月 12日 |
今日も天気が良いので、山へ行ってきました。
いつもの見慣れた所を散策していると、ひらひら飛んでいるものが・・・

近くにとまりました。
そして翅を開きました。
ムラサキシジミでした!(^^)!

しかし、撮る前に飛ばれてしまい、必死で後を追いました。
飛んでいった方面をそーっと見渡してみると、居ました(^.^)
e0188939_16162525.jpg

見事な開帳です。

すぐに飛ばれてしまい、また探していると今度は高い木の葉の上に。
なんと今度はムラサキツバメでした(@_@)
e0188939_1618223.jpg

この時期に越冬中のムラサキシジミとムラサキツバメの日光浴に出会えるとは
とても幸運でした。

おまけ
咲き始めたバイカオウレン
e0188939_162132.jpg
e0188939_16211497.jpg

[PR]
2012年 02月 11日 |
今冬は山に行っても中々鳥に会えないので、
フィールドに出掛けていませんでした。
NHKのローカルニュースでも小鳥が少ないことが特集されていました。
理由ははっきりしないものの
1.繁殖地のロシアで何らかの問題が起こった。
2.山に食べ物が多いので里に降りてこない。
などが上げられていました。
大きな問題でなければと思います。

さて、それでも今日はいつもの山へ行ってきました。
春を告げる花、タイトルのスプリング・エフェメラルを見つけるためです。
昨年ユキワリイチゲを見つけた場所へ行ってみました。
ポイントは2か所。
第1ポイントはギリギリ1輪だけ咲いていました。
e0188939_1853474.jpg

もうすぐ咲きそうな蕾も撮ってきました。
e0188939_18544730.jpg

第2ポイントは3輪咲いていました。
開いたばかり。
e0188939_18564490.jpg

満開。
e0188939_18572052.jpg

こちらでも蕾を撮りました。
e0188939_18575856.jpg

ご覧の様に第1Pでは薄い青ですが、第2Pは薄い赤です。
これは昨年は気が付きませんでした。
ユキワリイチゲは群生しているので、一斉に咲いたところを魚眼で撮るのが楽しみです(^.^)
[PR]
2012年 02月 10日 |
私の中で「イナズマ」というと真っ先に浮かんでくるのがこの蝶です。
名前はアオヘリコイナズマ、下帯のブルーがとても印象に残っています。
以前も書きましたが、イナズマ蝶はシャッターチャンスを多く与えてくれないので、
構図も設定もお構いなしで、ひたすら記録に留めることに集中して撮りました。
出来栄えはともかく撮れたことに感謝です(^.^)
e0188939_22433729.jpg
e0188939_22434977.jpg

どこからともなく現れて、すっと止まって、またどこかへ飛んでいく蝶と一期一会のシャッターチャンス。
痺れますね~。
[PR]
2012年 02月 09日 |
それは先週末の事です。録画してあった漫才をヒナと見てゲラゲラ笑っていると
地鳴りのような何か変な音がするのに気付き部屋を見渡し、画像を停止して静かに
すると・・・・。
うちのチワワがベランダに向かって激しく唸っていました。いままで聞いたことのない
大迫力!!足もしっかり踏ん張って地鳴りのような唸り声。
その窓ガラスの向こうには猛禽がジーーーっと冷たい眼でチワワを凝視しています。
ほんっとうにビックリしました(@_@;)凍てつきました。
そして凍てつき驚いているのに、なぜか冷静にカメラを取って来なくてはっと
思っている自分。
しかし私が動いたのを見て猛禽はチワワを諦めて飛んでゆきました。
その後「えー!あの猛禽って何だっけ?」とか
「あの猛禽、チワワとの間にガラスがあるの判ってたんだろうか?」
うちのチワワが唸りながら「ワン!」(訳※コラー!)っ窓を開けて出てくるのを待ってたのかな?
などなど、しばらく興奮して色々話つつ二人ともカメラを手元に持ってきてまたTVを見ました。

うちのチワワは生まれたばかりの犬の赤ちゃんでさえ目を合わせない臆病な子です。
なので、その日みた後ろ姿は格好よく(親バカ)感動しました。
そして後々、ガラスが無くって襲いかかってきたら私も参戦しなくっちゃいけないな。
その場合はどうしたらいいんだろう?などと殆ど確率的にないような事を無駄に
考えシュミレーションして疲れました。

その時の写真ではないけれどこの窓越しに猛禽と対峙してました。
e0188939_2054298.jpg

本当にめっちゃビビリのうちのチワワ(私も同じくらいビビルほうですが・・・)
この子に対する愛情をかみしめた週末でした。
e0188939_2085242.jpg

[PR]