仲良し夫婦de蝶ブログ

flora1tyou.exblog.jp
Top
<   2013年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
|
|
2013年 05月 29日 |
なんだかとても早く梅雨入りしましたね。
そのぶん早く明けると良いのですがどうなることやら。

ボーナスの時期が近づいてきたので、我がEシステムの発展も考えたいところですが、
巷ではE-M5上位機種やE-5後継機種の噂があり、そのことで一歩踏み出せません。
噂が無かったらSHGレンズを買いたいところなんですけど~

先日のタイへの探蝶旅行でGRDⅡの力不足も感じたので、コンデジの買い替えも思案中です。
しかし・・・

なんだかんだ言っても2月の車検前に売っぱらった愛車の後釜も用意しないといけないしで、
全然不惑になれません(>_<)

本題です。
先日の散策での1番の被写体はクロアゲハでした。
オスです。
e0188939_212684.jpg
e0188939_21262515.jpg

メスです。
見比べてみるとメスの後翅の赤斑がより目立ちます。
e0188939_21271716.jpg
e0188939_2127317.jpg
e0188939_21274664.jpg
e0188939_2128575.jpg

アザミはツツジやユリと違って顔が隠れにくいので撮りやすいです(^.^)
[PR]
2013年 05月 25日 |
休日出勤と休日の大雨のダブルパンチで全然撮影に出掛けられませんでしたが、
今日久しぶりに出撃してきました。
ジャコウアゲハには会えませんでしたが、オナガアゲハとクロアゲハが居ました。
うっぷんを晴らすかのように500枚近く撮ってしまいました(^_^;)
今日の写真はオナガアゲハです。
黒系アゲハの中では最も地味ですが、スレンダーな体型が素敵です。
e0188939_20321581.jpg
e0188939_20322559.jpg
e0188939_20323711.jpg
e0188939_20324539.jpg

明日はミカドアゲハを探しに行こうかな~
[PR]
2013年 05月 24日 |
明日は待ちに待った休み&晴れ(のはず)
ジャコウやオナガアゲハに会えるかな・・・

GW前に撮った離陸シーンです。
e0188939_20143026.jpg
e0188939_20144180.jpg

[PR]
2013年 05月 20日 |
ウスバアゲハの撮影に疲れて車で休憩中の出来事です。

フロントガラス越しにボンヤリと前を見ていると、
何かがアスファルトにへばり付いてる・・・・。
なんだろう?
強い風に時々、ヒラヒラなってる。
しばらくはジーっと遠目でみてたんですが、急に回線が繋がって
蝶だ!っと車から降りて近寄ってみると
めっちゃ風に煽られて、必死でアスファルトにしがみついてる。


強風でブレブレ

e0188939_2230646.jpg


最初はあまりにも風に弄ばれてるので、なくなってるのかな?
っとさらに近くでみると、ヤッパリしがみついてる。

e0188939_22324894.jpg

(尾っぽがちゃんと写っていないツメの甘い写真)

こんなに近寄ったら普通、逃げるよね?というか、蝶ってこんなに風に弱かったっけ?
とか色々考えながら、風がやんだ隙に全開になった所が撮れました。これだと風の抵抗が
弱くなる?(ノートリ)
e0188939_2237412.jpg


アップにすると私の好きな銀河模様が・・・。なんとオマケに太陽フレア模様まで!(^.^)
e0188939_22401857.jpg


新鮮個体っぽいけれど、飛べないのかな?弱ってるのかな?
近くの水道で水をすくって、何滴か口吻の近くにたらしてみたけれど、ジッとしてる。

とりあえずヒナに報告しに行って、一緒にもどってみると飛び立ちました。
羽化して、ちょっと飛んでみたけれど思いのほか強風で涙が出そうだったのかも・・。
[PR]
2013年 05月 17日 |
樹液に集まる蝶でなければ花とのツーショットは良く撮れる光景ですが、
トンボの場合、花とのツーショットはあまり機会がありません。
そもそもトンボってあまり花に留まらないですね。
蜜を吸う訳でもないし、足場も安定していないから当然と言えばそうなんですが、
やはり絵になるので枯れ枝や枯草より留まって欲しいものです。
四万十遠征では気にしてはいましたが撮れたのは2回だけでした。
カキツバタの蕾とヨツボシトンボ
e0188939_23402787.jpg

カキツバタとタベサナエ
e0188939_23404235.jpg
e0188939_23405149.jpg

[PR]
2013年 05月 16日 |
今日は2本立てです。

ムカシトンボを撮りに行った四万十源流域にはたくさんのアサヒナカワトンボが居ました。
ここに居るオスは全て褐色翅型で初めて見る個体でした。
無色翅型と比べると全然近寄らせてくれません。
無色翅型は気をつけるとマクロで撮れるはずですが、この子達は望遠でもかなり気を遣いました。
無色翅型と褐色翅型が生まれる違いを杉村さんに聞いたのですが、うっかり失念してしまいました。
褐色翅型がより清流に多いそうです。
e0188939_22503449.jpg

撮影を終えようとしていたところで連結カップルがやってきました!
連結の撮影も初めてできました。
緊急用のISO2000で撮ったのでザラザラしていますが許して下さい。
e0188939_22524185.jpg
e0188939_22525120.jpg

[PR]
2013年 05月 16日 |
GWの四万十遠征ではひたすらトンボを撮りましたが、
唯一熱心に撮ったのが初見のギンリョウソウ。
遠征に行く前に地元の新聞で紹介されていたので、見たいな~と思っていました。

トンボ王国の薄暗い林縁の崖で見たときはかなりハイテンションになってしまいました。
実物は見れば見るほど不思議です。
葉緑素を持たなくて植物と言えるのかと思いましたが、葉もあるし花も咲いているんですよね。
知人に見せると「気持ち悪い~」と言っていました(^_^;)
私は美しく感じましたが美的感覚が狂ってるのかも。
最初の2枚はフラッシュ有です。
e0188939_22222611.jpg
e0188939_22224346.jpg

後の2枚はフラッシュ無しです。
e0188939_22235444.jpg
e0188939_2224746.jpg

花の中心の青い所が雌しべで周りのオレンジ色が雄しべです。
ここだけ色が付いているのも面白いですね。
[PR]
2013年 05月 15日 |
なんだか最近はあっと言う間に一日が過ぎてしまう日が続いて、更新も
遅いですが訪問して下さって、ありがとうございます。


今日は、GWの子どもの日に会ったウスバアゲハです。
毎年、発生している場所へ遠出をしました。

そしたら・・・。

去年まで産卵してるショットを撮ってた原っぱが殆ど、マルガリータです(T_T)
こんな事で会えるんだろうか?
っと不安でしたが、少ないながらも姿を見せてくれました(ヨカッタ)

薄衣で優雅に飛んでは吸蜜していました
e0188939_1950483.jpg


こんなショットで撮ると、ちょっと蛾っぽくなってしまう(^_^;)
e0188939_19502037.jpg


キレイな個体でした。今年は草刈りで減ってたみたいですが、来年は再び勢力を伸ばして欲しいです。
e0188939_19503381.jpg


       ↓   クイズ  ↓

e0188939_19562487.gif

[PR]
2013年 05月 12日 |
今週は土・日が仕事でしたorz
蝶の季節と忙しい時期が重なっているんですよね。
少ない休日にダウンしてフィールドにいけない事が無いように、しっかり体調管理をしなくっちゃ!

四万十遠征2日目の午前中はトラフトンボを探しました。
丁度今の時期連結飛行をするらしいのです。
クロスジギンヤンマの産卵を撮りつつ1時間くらい待つと・・・

連結カップルを発見!!
しかしすぐどこかへ飛んで行ってしまいました。
トラフは連結後、メスが植物に留まり卵塊を作るので、留まる前に見つけたかったのですが・・・

飛んで行った池の方向へ走って行くと、既に卵塊を作っている所を見つけました。
逆光!と思いながら2枚撮ったところで飛び立たれました。
この後メスは水面にお腹を打って放卵するので、再び走って追いかけましたが残念ながら
放卵の瞬間を見ることは出来ませんでした。

それでも卵塊を作っている時間は短いし、初見だしで嬉しい撮影になりました。
e0188939_213636.jpg
e0188939_2131398.jpg

[PR]
2013年 05月 09日 |
ブログの更新をヒナにまかせてる間に、とうとうアオバセセリの季節をむかえちゃいました。
毎年、アオバセセリが他の蝶に突進してやんちゃぶりを発揮してる原っぱに
ワクワクしながら行ってきました。

でも今年は、2頭しか居ませんでした(涙)
e0188939_201293.jpg


いつもは必死に逃げるアオスジも近くで優雅に吸蜜していました。

e0188939_2044238.jpg
e0188939_2045575.jpg


あまりにも少なくて張り合いがなく、普段は殆ど撮影することのない花にも挑戦してみました。


「アンネのバラ」です

e0188939_20102560.jpg

e0188939_20105781.jpg


ほら、アンネが語りかけてくるよ。「あんね~」
っとしょうもない事を言い、ヒナに失笑されながらの撮影でした。
[PR]