仲良し夫婦de蝶ブログ

flora1tyou.exblog.jp
Top
<   2014年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
|
|
2014年 06月 30日 |
昨日はトンボ王国の杉村さんを筆頭に6人のネイチャーフォト研究会メンバーが集結し、
ちょっとした撮影大会になりました。
私も一昨日望遠で惨敗しているので反省を胸に、広角でミナミヤンマの摂食飛翔に挑戦です。
今日の写真は全て青空を背景にしたものを選びました。
グライダーのように滑空することの多いミナミヤンマらしいと勝手に私が思っているからです(笑)
e0188939_21325224.jpg

e0188939_2133551.jpg
e0188939_21331740.jpg
e0188939_21332979.jpg

翅の前縁の薄黒条が四国のミナミヤンマの証ですね。
私の腕の未熟さを改めて知った日でもありましたが、とにかく楽しい1日でした(^.^)
[PR]
2014年 06月 29日 |
昨日、今日は週間天気予報を覆し良いお天気になりました。
という訳で両日とも再びミナミヤンマ撮りに行ってきました。

久しぶりに撮影三昧の週末になり、朝から夕方まで撮り続けました。
撮りに行けない鬱憤が一気に晴れて気分は爽快(^.^)
手首が筋肉痛ですが心地よい疲労感です。

今日の写真は昨日撮った望遠のものです。
えーと、ちゃんと撮れたのはこの1枚だけです(^_^;)
e0188939_2137324.jpg

これだけだと寂しいので、後は前回記事並みの写真を載っけておきます(笑)
e0188939_21393863.jpg

e0188939_21395060.jpg
e0188939_2140335.jpg


次回の広角編でミナミヤンマらしい写真をやっと公開できます(^.^)
[PR]
2014年 06月 26日 |
今年なんとか撮りたいと思っているトンボが5種あります。
そのうちの2種は既に以前の記事で紹介したグンバイトンボとシコクトゲオトンボでした。
3種目は先日撮ってきたのでいずれ紹介する予定です。

4種目が今回紹介するミナミヤンマです。
昨年から撮る機会はあったのですが、ちょうどオオムラサキやゼフィルスの時期と重なっているんですよね~
結局昨年は撮影に行かずシーズンを終えました。
というわけで、今年はなんとか撮りたいと思っているのですが・・・

前回記事のシコクトゲオのいる場所にミナミヤンマは居ます。
上空をグライダーのように滑空するので見上げた構図で撮ることが多くなります。
結果は・・・
しょっぱい感じ(苦笑)
e0188939_204616.jpg

e0188939_20461585.jpg
e0188939_20462932.jpg

遠いとフラッシュの光が届かないです(泣)

ほぼ高知にしか生息していない地域個体のヤンマなのでなんとか見られる1枚を撮るまで、
挑戦したいと思います。

休日は晴れてほしい!!&早く梅雨明けを!!
[PR]
2014年 06月 23日 |
タイトルは私のことではありません(笑)
四国特産のシコクトゲオトンボです。
ムカデやマムシの好きそうな所なのであまりテンションは上がりませんが、
この子を撮るためにはこんな場所へ行かねばなりません。

というわけで・・・
今日は代休を貰い、探し続けているシコクトゲオをやっと撮ってきました。
2度目の出会いです。

オスから。
翅を開いて留まるのがこの子達の特徴です。
e0188939_21503099.jpg

名前の由来はお尻の上にあるとげ状の突起の存在です。
e0188939_21505422.jpg

オスは顔と足が赤くてキレイです。
e0188939_21554051.jpg


続いてメス。
最初に見つけたのはメスでした。
e0188939_21563158.jpg

e0188939_21572462.jpg

メスの顔は黄色で足は淡い色合いです。
e0188939_21591520.jpg

e0188939_21592865.jpg

8月まで見られるのでまた沢山撮りたいと思います(^.^)
[PR]
2014年 06月 22日 |
前回記事の続きです。
初見のゾウムシが居たのでヒオドシチョウがやってくる前はこの子たちを撮っていました。

マダラアシゾウムシ
なんという凸凹な体でしょう。背中のピーナッツみたいなこぶが独特ですね。
e0188939_223033100.jpg
e0188939_22304869.jpg

黒い個体も居ましたが同種かな。
e0188939_22332761.jpg
e0188939_22334139.jpg

ゾウムシのように立体的で小さい被写体を暗いところで撮るのは難しいです。
TG-3欲しいなぁ~
[PR]
2014年 06月 19日 |
そろそろクワガタが出ているころかなと思ってクヌギ林に行ってきました。
樹液が出ている木は1本しかありませんでしたが、そこに1頭のヒオドシチョウが訪れました。
樹液で吸蜜するヒオドシチョウを見るのは初めてです。
e0188939_20573762.jpg

e0188939_20575335.jpg
e0188939_2058736.jpg
e0188939_20582092.jpg

オオスズメバチも来ていたのでちょっとビビリながら撮ってみました(^_^;)
e0188939_2113968.jpg

オオムラサキはまだかなぁ~
[PR]
2014年 06月 16日 |
アオヤンマを撮れずボケーッとしていると水際でざわざわと物音が。
以前猫を見たことがあったのでニャンコでもいるのかと凝視していると
なんかデカイのが動いているんですけど!
e0188939_20255359.jpg

一旦茂みの中に入っていきましたが、そのあと開けたところに出てきたので確認。
e0188939_20273440.jpg

タヌキですよね(@_@;)
タヌキって湿地帯とかに出没するんだ!

少しトリミング
e0188939_20303645.jpg


タヌキ汁にされないように気をつけてな~(^_^)/~
e0188939_2032111.jpg

e0188939_2032227.jpg


この出会いはかなり楽しかったです(^.^)
[PR]
2014年 06月 12日 |
昨年証拠写真だけ撮れたアオヤンマをちゃんと撮りたいと思い、
県中央部の湿地帯に行ってきました。
ここでは今の時期多くのアオヤンマを見られるのですが・・・
全く撮れません(>_<)

ここから言い訳です。
アオヤンマのオスは生い茂った葦の中を縫うように探雌飛翔します。
ジャングルの中でかくれんぼしてる感じですね。
なのでAFは使えないし、MFでも中々捉えられません。
ピンボケ写真を大量生産してきましたが、いつの日か葦のジャングルの中で
バシッとピントの合った写真を撮るぞと良い目標ができました。

高い樹上で休むオスを見つけ今回も証拠写真は撮れました(苦笑)
e0188939_22113346.jpg

なぜ、エビ反り?
e0188939_2211591.jpg

[PR]
2014年 06月 10日 |
先週末は土日と仕事でぐったりしてましたが、今日は会社の創立記念日の休みで救われました。
曇りがちながら雨にはならなかったのでフィールドで疲れを癒してきました(笑)
でも、今回は延び延びになっていた所見の蝶の記事です。

前回記事のクモガタヒョウモンを撮る数十分前、樹上でテリを張る三筋の模様の蝶を発見。
コミスジやホシミスジに比べてやや大振りだったので、これはミスジチョウでは?と思い
数カットシャッターを切りました。
翅表を撮れなかったことが残念ですが、帰ってきて同定してみるとミスジチョウでした。
やったー!(^^)!
e0188939_19293946.jpg

e0188939_1930737.jpg

これだけだと少し寂しいのでこの時撮った他の蝶も紹介します。
イチモンジチョウ
e0188939_19361996.jpg

e0188939_19363381.jpg

ダイミョウセセリ
e0188939_1937935.jpg

カラスアゲハ
e0188939_19401168.jpg

オナガアゲハ
e0188939_19403337.jpg

[PR]
2014年 06月 05日 |
先週末はなんと2種の所見の蝶を撮影できるという盆と正月が一緒にやってきたような
嬉しさででした。
今回の記事はその1種目のクモガタヒョウモンです。
アザミに来る黒系アゲハを待っていたらヒョウモンチョウが現れ、
ん?今年初のミドリヒョウモンと思って撮影しましたが・・・
帰ってきて図鑑と比べてみるとクモガタヒョウモンなのでした。
残念ながら開翅は撮れませんでしたが、初見では特徴的な裏翅の方をじっくり見たいので
結果オーライと納得させました(笑)
e0188939_20492351.jpg

e0188939_20493852.jpg
e0188939_20494916.jpg
e0188939_20501239.jpg

もう1種の蝶は次回の記事で紹介します。
[PR]