仲良し夫婦de蝶ブログ

flora1tyou.exblog.jp
Top
タグ:アケボノシュスラン ( 1 ) タグの人気記事
|
|
2014年 10月 16日 |
前回の続きです。
ジョウロウホトトギスが自生しているかもしれない場所へ戻りつつ、
路傍に咲いている山野草を見つけては立ち止まり撮りました。

シモバシラ
立派な株でした。
e0188939_21151260.jpg

林道から少し山に入ったところで撮影されているK夫妻に声を掛けました。
何かありますかと尋ねるとギンリョウソウモドキが咲いているとのこと。
ギンリョウソウは春の花ですが、モドキは秋に咲くんですね~
e0188939_21182663.jpg


すぐ近くにアケボノシュスランも咲いていました。
小さくて可愛い花です。
e0188939_21211418.jpg

クサヤツデ
これは変わった形をしています。
e0188939_21223076.jpg

最後に大物に出会いました。
コオロギランです!
シーズンを過ぎていたのでノーマークだったのですが、1輪だけ咲いているのを兵庫県から
来られていたK田さんが教えてくれました。
これも牧野博士が発見した見たかった花です。
花の大きさは5mm位でとても小さいです。
e0188939_21383424.jpg

K夫妻にもジョウロウホトトギスの咲いている場所を尋ねてみると、
昨日撮ったよと写真を見せてくれました。
おぉ!見れると思いましたが喜ぶのはまだ早く、この山ではないとのこと。
場所を聞きましたが行って見つけられるか微妙です。
結局ジョウロウホトトギスはこの山では人の手の届くところは盗掘に遭い、
ほとんど見ることが出来ないことが分かりました。

自生地では盗掘で絶滅するかもしれない危機に瀕しているのにネットではいくつも販売されていて、
なんとも矛盾を感じてしまいます。

K田さんと私はジョウロウホトトギスに未練があったのですが、しばらく話をしていたら
K夫妻が自生地を案内してあげようと言ってくださいました。
ついにジョウロウホトトギスを見れるのか、次回に続きます~
[PR]